海外旅行先で売られている変なTシャツたち

海外旅行の楽しみといえばショッピングでしょう。中でもお手軽に買えるアイテムとして人気なのがTシャツです。500円程度で買えるものが多いので手軽なおみやげになりますし、気候の暑い国ならば汗を大量にかくので着替え用としても重宝します。しかしTシャツのデザインはだいたい奇抜なものが多いです。


原色カラーが多数

海外旅行先で売られているTシャツのカラーは派手な色が多いです。ショッキングピンク、グリーン、イエロー、パープルといった色が多くそろえられています。洗濯をすると激しい色落ちをしますので、帰国後に洗濯をする場合は一緒に洗うものに気を使うと良いでしょう。

デザインには世界のスーパースターが

さらにデザインはカラーの上をいきます。その都市名が記された「I LOVE BANKOK」「ILOVE THAILAND」といったものはまだベターな方です。

海外旅行先で売られているTシャツにはさまざまなキャラクターがプリントされています。どこへ行ってもあるゲバラプリントTシャツは第三世界のヒーローであるとも言えるでしょう。アジア圏ではブルース・リーのTシャツもよく目にします。

さらにロックミュージシャンでは、ビートルズとボブ・マーリーはテッパンです。さらにジミ・ヘンドリックスやラモーンズなどが続きます。東南アジアではなぜだかジョイ・ディビジョンのTシャツをよく目にしました。決して超メジャーなバンドではないので意外な印象を受けました。

次の記事

「バックパッカーがこだわる陸路移動とは」

前の記事

「海外旅行の注意点「水」はタダじゃない」

    
コメント