海外航空券なぜ往復が基本?

海外へ向かう航空券を購入する際、基本的に往復で販売されます。もちろん片道の航空券も購入できるのですが、割高な値段になってしまいます。これはなぜでしょうか?


格安航空券の仕組み

海外航空券を探す際には、できるだけ安い価格の航空券を探そうとします。格安航空券というのは、航空会社の座席を旅行代理店がまとめて確保しているものを小分けにして売りだしています。そのため、行きと帰りの日程がすべて決まっている「フィックス」のチケットが基本となります。これは、行きの日程と帰りの日程が決められた団体旅行の海外航空券を手配してもらっているという前提があります。乗継便などで、最初の便で隣り合わせていた日本人が、次の便でも近い席に座っているといったことがありますが、これはその一帯が団体ツアーであるということになっているのです。団体旅行ならば行って帰って来ることが基本となりますから、往復での切符販売となるのです。

入国の基準

さらに、日本のパスポートがあればアジアのほとんどの国にはビザなしで渡航できます。しかし、それらの国でも出国時の航空券を保有していることという条件が付く場合があります。当然片道だけの航空券ですと該当しません。ですから、無難に入国をするためにも往復航空券というものが前提になっているのかもしれません。

「飛行機は行き帰りでなぜ時間が違う?」の詳細を調べる

    
コメント