海外旅行のお茶は甘ったるい?

日本ではお茶飲料というのは広く普及しています。元祖ともいえるものが伊藤園の「おーいお茶」でしょう。今ではすっかりメジャーとなっていますが、もともとは「お茶を売りだして流行るわけがない」と言われていたようです。もともと日本では広くお茶を飲む文化もありましたし、タダ同然のものという扱いであったのです。しかしヒット商品となりました。日本の緑茶飲料はすっきりとした味わいが特徴的です。しかし、これは日本だけに限ったガラパゴスな味といってよいでしょう。


海外は甘い

海外でお茶飲料を買ったとして、その味に驚いた人もいるのではないでしょうか。海外のお茶飲料には必ず甘くなっています。その甘味も、微糖テイストといったものではなく、ファミリーレストランのガムシロップを大量に投入したような味です。口の中にしつこく残るような甘みとなっています。慣れない人にとっては、ちょっと驚きかもしれません。ただ、慣れてくればそのコクが味わい深いということにもなるかもしれません。

さっぱりならスポーツドリンクを

お茶のようなさっぱりとした飲料が飲みたいという場合にベターな選択肢としてあるのがスポーツドリンクです。これは、まだ甘みが抑えられているものが多くあります。炭酸入りの飲料も多くありますので、さわやかな味わいがあります。さらに裏ワザとしては甘ったるい飲料を水で半分に割って飲んでみるというのも良いかもしれません。ちょうどよいバランスになることもあります。

「海外なら東南アジア観光情報」の詳細を調べる

    
コメント