海外旅行でラジオを聴いてみよう

夏休みに海外旅行の計画を立てている人もいるかもしれません。海外旅行に必要なものは数多くあります。常備薬、日よけの帽子、ガイドブック等は必要でしょう。そんな携行品の中にポケットラジオを持参することをおすすめします。ラジオを持っていけば海外旅行を違った角度から楽しむことができます。


なぜラジオなのか

ラジオというのは少数派の需要に対応しています。例えば日本の場合はほとんどの人間が日本語を母国語としますのでラジオは日本語で放送されています。しかし海外の場合は、多民族多言語国家であることがほとんどです。そのため、その言語ごとにラジオ放送があるのです。

コロニアルな空気に触れる

さらに、海外では欧米各国の植民地であった場所も多くあります。古い建物などに植民地時代の名残を感じることができますが、ラジオ放送にも植民地時代の言語が残っています。

香港の隣にあるマカオはかつてポルトガル領でした。ラジオのチャンネルをひねればポルトガル語放送が流れてきます。ラオスの首都ビエンチャンはベトナムやカンボジアとならび仏領インドシナとしてフランスの植民地でした。そのためフランス語放送が現在も行われています。

音楽も楽しめる

しかし現地の言葉はわからないという人も多いでしょう。しかし、ラジオでは音楽が多く流れます。中には、ほぼ1日中音楽を流しているようなチャンネルもあります。音楽のジャンルも最新のポップスから、古い歌謡曲などチャンネルごとに味がありますのでチューニングを合わせて好みのラジオ局を見つけ出すのも面白いです。

ラジオは日本ならば100円ショップでも買うことができます。もっとも安価な娯楽であると言うこともできるかもしれません。

次の記事

「海外旅行の注意点「水」はタダじゃない」

    
コメント