海外旅行日程のワナ

一週間海外旅行へ行くとなるとずいぶん長いように思われるかもしれません。しかし、あっという間に過ぎてしまいます。これまで見たことのない異国の地において、あちこち見ているうちに時間が過ぎてしまうということもあるかもしれません。しかし、何よりも移動時間の長さが体感時間を短くしています。


移動は1日がかり

海外旅行の場合、飛行機移動が主となります。飛行機というのは乗る時間ばかりでなく、出国審査や入国審査に時間がかかります。そのため、出発時刻の2時間前には空港についていなければなりません。市内から空港までの移動時間などを考慮すると、移動でまる1日かかってしまいます。

そのため7日間の日程があったとしても、移動を1日ずつ差し引くと実質5日間しかありません。

1週間まるまる旅行を楽しみたい場合には、移動日をカウントせず9日くらいの日程を組むと良いでしょう。

滞在型か移動型か

さらに、ひとつの国に行ったならば、あちこちめぐりたいという思いもあるかもしれません。そうなるとさらに移動に時間を取られることになります。

例えばタイへ行ったならばバンコクだけでなく、南の島のプーケットや、北部の都市のチェンマイをめぐりたいという思いを抱くかもしれません。タイ国内は飛行機網が発達しているのですべての場所を一週間でめぐることは不可能ではありません。しかし日本において、東京と札幌と九州を一度にめぐっているようなものなので、慌ただしくおすすめできません。

海外旅行の日程は余裕をもって組むようにしましょう。

次の記事

「年末年始の海外航空券は高い?」

前の記事

「海外旅行の経由便活用法」

    
コメント