海外旅行で食べる日本食の醍醐味

海外旅行を長く続けていると日本食が恋しくなるとはよく言われたことです。日本料理店は海外でも人気のレストランですが、そこで出されるものはピンキリです。高級なお店ならば寿司や刺し身といった生物が出されますが、大体のお店では加熱したものが出されます。


カツ丼にカレー

そうしたいわばB級の日本食店で出されるものにはどういったものがあるかといえば、カツ丼や天丼などの店屋物が多く取りそろえられています。しかし、それらのメニューとて醤油を使ったものであるので、懐かしい味を味わえます。さらにカレーライスも日本のメニューです。インドカレーやタイカレーは、いわばさらさらとしたスープであり、辛味や酸味が強いものになっています。そうではなくて野菜や肉が入って、トロトロとしたルーが乗ったカレーというのは、日本オリジナルなものなのです。台湾をはじめ中華圏では「日式加哩」と表記されることもあります。明確に日本のものであるという位置づけがあるのです。

一品メニューも充実

さらにこれらの日本料理店には、いわゆる一品メニュー、小鉢メニューもさまざまにあります。豆腐や茶碗蒸しや玉子焼きといったものをそろえているところもあります。豆腐に類するものはどこにでもありますし、卵もメジャーな食材ですから、応用性がききます。何よりも決めてとなるのは醤油の味でしょう。これが日本料理の味わいを決めていると言ってもいいでしょう。

「最高の健康食品は「納豆キムチ」と「味噌汁」 発酵食品が免疫力アップする理由」の詳細を調べる

    
コメント