海外旅行で無くしてはいけないものは?

海外旅行をするにあたり、必要な持ち物がいくつかあります。その中で絶対に無くしてはいけないものはなんでしょうか。


パスポート

まず海外旅行へ行く際に必須となるものがパスポートです。パスポートは本人を証明するものであり、さらに日本の出国の記録、そして外国への入国の記録が記されています。パスポートを無くしてしまった場合は、現地の日本大使館を通じて再発行の手続きを取らなければなりません。海外でパスポートをなくしてしまうと非常にめんどうなので、なくさないようにしましょう。万が一なくしてしまった時のために、パスポートのコピーなどを手元に控えておくようにしましょう。

航空券

海外旅行へ向かう際に、ほとんどの人は航空券を使うでしょう。現在、航空券はほとんどがコンピューター管理のEチケットとなっています。そのため、航空券そのもののデータはコンピューターの中にありますので、航空券を無くしてしまうという概念はなくなりました。旅行者はEチケットの控えのプリントを持参する必要がありますが、最悪パスポートさえあれば搭乗可能です。

クレジットカード

海外では財布を奪われるという犯罪も起きてしまう。そんな時に役立つのがクレジットカードです。現地の通貨を引き出せるほか、本人の証明ツールのひとつともなります。ホテルによってはデポジットとして本人名義のクレジットカードの提出を求められることもありますので、こちらもなくさないようにしましょう。

「航空券転売なぜできない?」の詳細を調べる

    
コメント