格安航空券なぜいつも満席?

海外旅行の航空券を取ろうとする場合、常に満席状態の飛行機座席に苦労させられた経験がある人は誰しもあるでしょう。特に、格安航空券を探す場合に該当するでしょう。


飛行機なぜいつも満席?

ですが、飛行機によっては乗ってみたらガラガラということもよくあります。それでもう予約上、飛行機はいつも満席なのはなぜでしょうか。まず、格安航空券というのは、もともとは団体旅行用の航空券を切り売りすることによってはじまりました。香港二泊三日の旅をする場合に、まったく交流はないけれども、行きの飛行機と帰りの飛行機を同じ団体旅行に参加して乗っているという前提があるのです。そのため、格安航空券は予約の変更がきかないフィックスで売りだされています。もしくは予約の変更にも追加料金がかかるようになっているのです。

あらかじめ押さえている

団体旅行用に旅行会社があらかじめ航空券をおさえているため、常に満席状態となっているのです。そのため、実際には埋まっていなくとも満席状態が表示されることもあります。旅行会社はギリギリまで席をキープしているので、ある時点で席が放出させて空きが出ることがあります。1ヶ月前に予約したら席が取れなかったのに、直前に予約をしたら取れたという場合には、そういう事情があるのです。

「バンコクの渋滞はひどい」の詳細を調べる

    
コメント