航空券転売なぜできない?

コンサートや新幹線のチケットなどは、もし予定が合わなくなった場合は転売が可能です。あるいはお金にしなくとも友人知人にゆずって代わりに行ってもらうという方法もあるでしょう。ですが、航空券の場合、金券ショップで売られているということはありません。さらに友人知人への譲渡もできず、本人しか使用できません。これはなぜでしょうか。


名簿が決まっている

航空券というのはチケットの購入時に搭乗者の氏名を登録します。国際線の場合は、パスポートナンバーが有効期限などもあわせて申請が求められることがあります。この氏名の情報をもとに搭乗者の名簿が事前に作られます。国や航空会社によっては、事前に搭乗者の前科が照会される場合もあります。逮捕歴があるのかどうか、犯罪歴があるのかどうかといったことが調べられる場合もあります。実際に韓国ではすべての搭乗者に対して前科照会が行われています。

国内線は可能?

よく国内線の場合はパスポートによるチェックがないので搭乗が可能である、という話もありますが、これも厳密には違法です。あくまでも航空券は、チケットの搭乗者本人にしか使えないものです。さらに言えば、現在ほとんどの航空券はオンラインで発行されています。その場合、購入時にクレジットカードが必要となります。クレジットカードでの購入時点で本人確認が一段階あるともいえるでしょう。クレジットカードがない場合も本人名義からの銀行口座の振込も必要となります。誰だかわからない人が航空券を買える、というご時世ではないのです。

名義変更も?

現在、一部の航空会社は追加料金を支払うことで名義変更が可能となっているところもあります。その場合は、事実上航空券を誰かに譲渡することも可能という解釈となります。ですが、これは航空券の譲渡とともに、パスポートのつづりが間違っていた場合などの是正措置であるともいえるでしょう。基本的に航空券の譲渡はできない、というのが現在の実情なのです。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント