ロンドンオリンピック開幕!イギリス観光気分で競技を見よう

4年に一度のオリンピックが開幕となりました。時差があるので競技をリアルタイムで見たい人にとっては、徹夜の日々が続くことになりますが、日本人選手の活躍が気になりますね。さて、開催地がロンドンということで、それぞれの競技が行われる場所の風景も見ものです。ロンドン観光気分で見られる競技と観戦ポイントをご紹介しましょう。


■競技場はなんと世界遺産!の「馬術」

馬術はロンドンにあるグリニッジ・パークで行われます。グリニッジ・パークは世界遺産にも指定されており、敷地内には旧王立天文台も。そう、「グリニッジ標準時」を定める際に観測が行われていた場所です(現在は子午線の基準地となっています)。
馬術の出場選手のうち、法華津寛選手は71歳。日本人選手として最年長の出場選手です。法華津寛選手は「馬場馬術」の競技に出場します。

■バッキンガム宮殿を背にする自転車競技

マラソンと競歩、自転車(ロードレース)はバッキンガム宮殿とトラファルガー広場を結び、パレードにも使われる「ザ・マル」で行われます。男子250km、女子140kmの距離で行われる迫力満点の競技。ゴール地点はバッキンガム宮殿となります。ロンドンの街並みの中を通り抜けていく様子は想像しただけで盛り上がりそうです。

■アーチェリーは200年の歴史を誇るクリケットの聖地で

アーチェリーの競技が行われるのは、ローズ・クリケット・グラウンド。元々、クリケットのグラウンドとして使用されている場所で200年もの歴史を誇っています。ここで実施されるアーチェリーは、今大会のために増設された施設で行われます。日本人選手では、古川高晴選手が期待大。アテネ、北京と連続出場している選手です。また、女子ではオリンピック初出場ですが日本は世界ランキングでは10位。メダルの期待がかけられます。

ロンドンの美しい風景の中、世界中の選手が集って競う姿は想像しただけで感動的です。また、屋内で行われる競技では水泳の北島康介選手、体操の内村航平、田中理恵選手の活躍も気になりますし、すでに盛り上がっている男子サッカー関塚ジャパン、なでしこジャパンと、メダル争いに参加している競技が多数あります。各国の選手と競う姿は見ごたえがありそうです。

前に進むチカラ(北島康介)の詳細を調べる

    
コメント