2種類のマカオ両替、どちらがお得?

マカオへ行くと両替所に、2種類のレートが提示されています。「港幣」とあるのが香港ドルであり「葡幣」とあるのがマカオパタカです。両方の両替のレートは似ているようでいて、若干異なっています。パタカに変えた方がお得なレートになっていますが、注意は必要です。

香港ドルが流通

マカオでは現在、香港ドルが幅広く流通しています。マカオのお店などで買い物をする時には、香港ドルがそのまま使えます。ただしレートは異なっており、香港ドルとマカオパタカはおおよそ、1:1.03ほどの割合で固定相場となっています。同じ支払いでも香港ドルで支払う方が3%ほど割高になっています。ちょうどキャッシュカードの手数料くらいの感覚だと考えて見るとよいでしょう。小額の買い物ならばそれほどダメージはありませんが、1000マカオパタカの買い物をしたときには香港ドルならば1030ドルほど支払っていることになります。日本円ならば1万円の買い物をした時に、1万300円支払っていることになるわけですから、それなりに大きな違いがあると言えるでしょう。

カジノは香港ドルだけ

さらにマカオといえば、東洋一のカジノタウンとして知られています。このカジノで使えるお金は香港ドルオンリーとなっています。マカオで両替をするときには用途にあわせて2つのレートを選ぶようにすると良いでしょう。マカオパタカは香港では使えないので、使う分だけをこまめに両替していくというのがひとつの賢い方法かもしれません。