マカオ料理の魅力

香港の隣にマカオという地域があります。小さな半島と2つの島で構成されています。この場所はかつてポルトガルの植民地でした。この土地の名物なのがマカオ料理です。


西洋とアジアのミックス

マカオ料理はポルトガルの歴史と深いつながりがあります。例えば、照り焼きチキンに甘辛いソースをかけたアフリカンチキンは名の通りルーツはアフリカにあります。それがポルトガルの植民地であったインドのゴアに渡り、インドネシアの東チモールを経由してマカオに到達しました。そのため、スパイシーでありながら甘辛いという不可思議な味わいを生み出しているのです。

カレー料理も

インドといえばカレーですが、マカオ料理にもカレーを用いたものがあります。シーフードのカニをカレーテイストでいためたカニカレーはマカオ料理の名物のひとつです。

魚料理も充実

ポルトガルはイベリア半島の東の端に位置し長い海岸線を持っています。そのため魚料理も充実しています。その伝統はマカオ料理にも受け継がれています。いわしのグリルなどは有名な料理です。

スイーツが最高

さらにスイーツも充実しています。カスタードクリームのとろけるような甘みが魅力的なエッグタルトは、おとなりの香港でもなじみ深いものとなっています。

マカオ料理の魅力は世界各地の食材を大胆なアレンジで調理する点にあります。ポルトガルからアフリカ、インドをわたり最後に到達した場所がマカオであり、そこであらゆる食材を使いこなす中華料理のセンスと融合することでマカオ料理が生まれたのです。

「タイ料理とベトナム料理の違いって何!?」の詳細を調べる

    
コメント