ミャンマー旅行では停電に注意?

東南アジアの最後の秘境とも言えるミャンマーでは、日本人に対して2018年10月より1年間でビザなしでの渡航が許可されています。これまでは一部の地域しか訪れることができなかったため、注目が集まっています。

停電が多い?

タイや、カンボジアやベトナムなどの東南アジア旅行をしたことがある人にとって、ミャンマー旅行の注意点は、停電の多さが挙げられますね。ミャンマーは大部分の電力を水力発電に頼っています。そのため、雨が降らない時期になると頻繁に停電が起こります。

何ができなくなる?

停電になるとできなくなることが多くあります。スマートフォンの充電や、パソコンなどのデジタルガジェットの充電は当然できません。さらに部屋のクーラーなども稼働しませんから、暑い時期などはなかなか大変です。

無停電装置も

停電の多さを見越して、宿やお店によっては無停電装置を備えているところもあります。さらには家庭用のディーゼルの発電機があるところもありますが、こちらも費用がかかるため、常に可動しているわけではありません。

充電はこまめに

ミャンマー旅行をするにあたっては、充電が必要なガジェットはこまめにしておく、停電を見越して窓が空けられるホテルを選ぶといった必要があると言えるでしょう。