懐かしのドンムアン空港とは?

タイは人気の海外旅行先のひとつです。物価の安さや食べ物のおいしさなどにとりこになってしまい、何度も通うリピーターが続出しています。タイは昔から日本人旅行者をひきつけてやみませんでした。


スワンナプーム空港へ

タイへ行く人がまず降り立つのは、バンコク市街地の東およそ30キロに位置するスワンナプーム空港です。スワンナプーム空港はタイへのアクセスばかりではなく、そこから世界各地への便が飛んでいるので、乗り継ぎ場所としても利用されています。スワンナプーム空港が2006年に開港するまでは、ドンムアン空港が使用されていました。

ドンムアン空港の空気感

ドンムアン空港はバンコクの北およそ20キロに位置する空港でした。こちらもタイの玄関口であるとともに、世界各地への発着便が飛んでいました。ドンムアン空港へのアクセスはバスかタクシーに限られていました。空港を出ると即座に、南国の熱気に包まれるのです。さらに、昼間の間は鉄道を利用してバンコク市内へ向かうこともできました。バンコク市内までの料金は格安なのですが、時間通りに来ないことで知られています。ドンムアン空港の前を通る鉄道は、日本でいえば青森から東京へ向かう本線に大宮から乗るようなものです。青森から来る列車が遅れに遅れて、やっとこさバンコク市内の入口までやってくるという感じだったのです。それもタイの洗礼、あるいは魅力として映るものでした。

「日本からタイへの飛行時間と時差は?」の詳細を調べる

    
コメント