ビザ無しで行ける国、日本は?

海外旅行をするにあたってビザと呼ばれる査証が求められる国があります。ビザ無しで渡航できる国が多いほど、その国のパスポートの信頼度が高いと言われています。

日本の場合は?

ある調査では、世界の199カ国の国と地域のうち、日本は2018年現在、180カ国にビザ無しで渡航可能となっています。これはほとんどの国へ渡航できることになるでしょう。2018年現在、180カ国へ渡航できる国は日本のほかシンガポールのみとなっています。これは以外な結果と言えるのではないでしょうか。続いてドイツ、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、スウェーデン、スペイン、韓国は178カ国にビザなしで渡航可能です。

ビザなしは便利?

ビザというのは、その国が外貨獲得のために設定しているところもあれば、あるいは敵対関係にある国の人間を入国させないといった対策もあるでしょう。しかしながらビザ無しで渡航できる場合にはそうした問題がまずないと考えられているということになります。

ビザが必要な国は?

それではビザが必要な国としてはどこがあるのでしょうか。例えばアジアのカンボジアは、ビザが必要な国のひとつです。この国の名物といえばアンコールワットでしょう。みんなアンコールワットを観るためにカンボジアに来るため、そこにおいてビザを課して外貨獲得をしていると見ることができます。ビザひとつとってもさまざまな事情があるのです。