オープンジョーとは何か?

海外旅行をするさいに、ひとあじ違ったアレンジが楽しめるのがオープンジョーの航空券です。オープンジョーというのは開いた顎を意味する航空券です。オープンジョーは往路と復路の発着地が異なる航空券をさします。


なにが魅力なのか?

オープンジョーの航空券はなにが魅力なのでしょうか。海外旅行の航空券というのは必ずしも往路と復路が一緒である必要がありません。往路の到着地から、復路の出発地までは自分のアレンジで旅行ができるのです。この際の交通手段は、別の飛行機であってもよいですし、列車やバスなどの交通機関を利用しても良いでしょう。日本は島国ですが、世界の各地には陸路で国境を接している国が多くあります。陸路で国境を超えるという体験はなかなか、得られないものです。国境付近というのは両方の国のお金が流通していたり、あるいは食事なども両方の国の文化が混在していたりと、混沌としたものになっています。それが魅力だと言えるでしょう。

どういうルートがある?

オープンジョーの代表的なルートにはどういうものがあるでしょう。例えばシンガポールを往路にして、復路の出発をタイのバンコクや、マレーシアのクアラルンプールにする方法があります。マレー半島を北上、あるいは逆の設定にして南下するルートなどでも良いでしょう。ただし国によっては入国時に出国時の航空券が必要となることもありますので確認をする必要があります。

「格安航空券なぜいつも満席?」の詳細を調べる

    
コメント