パスポート残存期間、なぜ六ヶ月?

海外旅行をする際に、パスポートの残存期間が6ヶ月以上求められることがよくあります。これはなぜ求められるのでしょうか? 


不測の事態に備えるため

日本のパスポートを保持していた場合、世界のほとんどの国にビザ(査証)なしで滞在できます。期間はまちまちですが短いところだと1~2週間、長いところだと1~3ヶ月といったところが多いようです。最大で数ヶ月ビザ無しで滞在することが可能なのです。さらに滞在したければ現地でビザを取得する方法もあります。その場合にパスポートの有効期限が切れてしまうと、新しいパスポートを取得しなければいけません。現地の日本大使館でもパスポートの更新は可能ですが、戸籍謄本などの書類を日本から取り寄せる必要があり、手続きが面倒です。さらに、入国時と出国時に名義が同じでも、パスポートのナンバーが異なっていたりすれば、手続きはさらにめんどうになってしまいます。こうしたトラブルを防ぐために、6ヶ月以上という規定をもうけているといわれています。

短期旅行なら問題なし?

パスポートの残存期間が6ヶ月を切っていたとしても、数日程度の短期の旅行ならば入国できるという話もあります。ですがこれはあくまでケースバイケースの話ですから、誰にも適用されるというわけはありません。日本の空港を出国するときに、その時点で飛行機の搭乗を拒否される、あるいは現地で送り返されても文句を言わないといった誓約書を書かされるといったことがあるようです。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント