パスポート5年、10年どちらを選ぶ?

海外へ渡航するにあたってはパスポートが必須となります。パスポートは都道府県のもよりのパスポートセンターへ行き申請を行う必要があります。パスポートには有効期限が5年間のものと、10年間ものの2種類があります。初めてパスポートを取得する場合にはどちらが良いのでしょうか。


未成年は5年間限定

パスポートは、海外へ渡航する人ならば誰でも携行する義務があります。それは0歳時の赤ちゃんであっても同じです。未成年がパスポートを取得する場合、親の同意が必要なのはもちろん、5年もののパスポートしか取得できません。そのため、未成年がパスポートを取得する場合には自動的に5年もののパスポートと選択することになります。

10年ものは料金が違う

それでは20歳以上の人間がパスポートを取得するにあたっては、5年ものと10年ものはどちらが良いのでしょうか。まず、取得するにあたって料金が異なります。発行手数料は10年ものが1万6千円、5年ものが1万千円です。1年あたりの料金を割ってみると、10年もののパスポートが1600円、5年ものが2200円になります。

ページ数も違う

さらに5年もののパスポートはスタンプを押せるページ数が28ページ、10年ものは44ページです。それぞれのパスポートはどういう使い勝手に有利でしょうか。まず、ほとんどの人が当てはまると思われますが、年間に1~2回の海外旅行をするという人ならば迷わず10年もののパスポートを取得すべきでしょう。一方で、ビジネスなどで毎月のように海外を飛び回っているという人は5年もののパスポートの方が有利かもしれません。パスポートのページには、入国や出国のスタンプだけでなく、ビザなどの査証をはりつけるスペースでもあります。その場合、1つの国で1ページまるまる使ってしまうということもありますので、すぐにパスポートの残りページ数がなくなってしまいます。

スタンプを消す?

さらにひんぱんに複数の国を往復していると、場合によっては入国に差し支えがある場合があります。特にイスラエルなどは顕著です。イスラエルの入国スタンプがあった場合、アラブ諸国には入国を拒否されることがあります。そのためイスラエルでは、別紙にスタンプを押してくれることがあるようですが、場合によってはパスポート本体に押されてしまうこともあるようです。

増補は1回まで

パスポートのスタンプ欄がいっぱいになってしまった場合は、1冊につき1回まで増補が行えます。ページ数は40ページで手数料は2500円です。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント