リコンファームとは何か?

かつて海外旅行をする場合、特に格安航空券で海外旅行をする場合には必須の行為がありました。それがリコンファームです。


予約の再確認

リコンファームとは予約の再確認を意味します。航空会社に英語で電話をしなければならないので、苦手とする人も多かったようです。各航空会社のエコノミークラスというのは常に座席が満員になるようにつとめています。中には飛行機のチケットを買ったけれども、乗らない、あるいは急用で乗れない、時間を変更するといったことも想定されます。航空会社はそうした数を見越して座席のブッキングを行っているので、場合によっては座席数以上の予約を入れることもあります。そのブッキングを調整する行為がリコンファームでした。

乗る意思を伝える

リコンファームは、自分が予約している航空便に確実に乗るという意思を伝えるための行為です。これを行わないと搭乗の意志がないとして、勝手に予約を取り消されてしまうということもあったようです。さらにこうした航空会社はフライトスケジュールの変更などもしばしば行われていましたから、それを伝える手段としてもリコンファームが必要とされていました。泊まっているホテル名を登録すればリコンファームが免除される措置もありました。

今はなくなっている

現在リコンファームを必要とする航空会社は減っています。コンピューターによるチケットの管理が進み、メールなどによる連絡手段も発達したためです。

「バンコクの渋滞はひどい」の詳細を調べる

    
コメント