サンマリノのスタンプとは?

イタリア半島の中には周囲をイタリアに囲まれた内陸国が存在します。バチカン市国などはよく知られていますね。そこにもうひとつ、サンマリノ共和国があります。

サンマリノはどこにある?

サンマリノ共和国は、日本の十和田湖と同じ面積であり、現存する世界最古の共和国であるといわれています。サンマリノはイタリア半島北部の山岳地帯にあります。サンマリノ国内では、かつては独自の通貨を発行しておらず、イタリアの通貨が使用できました。現在ではユーロが流通しています。さらにユーロの取り決めとしてコインの片側に独自のデザインを使用する権利があって、記念品として重宝されています。

スタンプを押してくれる

ユーロ圏内は移動の自由が保障されており、国境審査などは省略されていますが、サンマリノ共和国では希望者にはパスポートにスタンプを押してもらうことができます。ただ、記念ということなので5ユーロほどの手数料がかかります。サンマリノは上記のコインのほか、切手も発行しており、コレクターズアイテムとなっています。こうした政策は小国が生き残るためのひとつの手段でもあると言えるでしょう。やはりパスポートに行った国の記録が残るというのは良いものですから、有料であってもスタンプが欲しいという人は多いのではないでしょうか。