サタン通貨とは何か?

タイ旅行をしていると、通貨であるバーツを取り扱うことになります。バーツ通貨は、1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツの4種類があります。ちょっとした買い物ならば、硬貨を組み合わせることで用足りてしまいます。しかし、タイにはこの下にも補助通貨があることはあまり知られていません。


サタン通貨

タイのバーツの補助通貨は、サタンと呼ばれています。サタン硬貨は、25サタンと、50サタンがあります。100サタンが1バーツとなります。1バーツの単位はおよそ3円ですから、1サタンは0.03円になります。かつては、1サタン、5サタン、10サタンも存在しましたが、現在は流通していません。タイ旅行をするにあたって、コンビニや商店での買い物はほとんどが1バーツ単位です。ですから、サタン通貨を目にすることはほとんどありません。

バスやスーパー

それでも、路線バスに乗ると、料金が6.5バーツとなっているので、サタン硬貨を手にします。もっとも安い赤い色の路線バスが該当します。さらに、スーパーなども、1バーツ以下の料金設定がなされていますので、そういう場合にはサタンがおつりで返ってきます。サタン硬貨は、赤みがかった銅色をしています。ほかの硬貨ともちがった色味があります。タイ旅行でサタン硬貨を手にしたら記念に持ち帰ってみてもいいかもしれません。もちろんサタン硬貨にも、国王の肖像がしっかりと彫り込まれています。

「旅行・お出かけ情報」の詳細を調べる

    
コメント