東南アジア観光情報

東南アジアに関する旅行・観光情報を紹介します。タイ、マレー半島などの情報がわかり、旅に出かけたくなりますよ!

  • 貧乏旅行者なぜバンコク?

    タイのバンコクは、貧乏旅行者、いわゆるバックパッカーが集まる場所として知られています。なぜ、この場所に人が集まるようになったのでしょうか。 航空券の安さ まずなによりも、バンコクの魅力というのは、食べ物のおいしさや、微笑みの国といわれるタイ人の

  • ベトナムはドル使える?

    USドルは、アメリカ本国だけではなく、世界各地で使用されています。特に発展途上国においては、自国の通貨に信用がないため、USドルが代わりに使われているところもあります。さらに、外貨の両替をするにあたり、外国の地方都市などへ行くと日本円の両替が断られることもあり

  • コーズウェイは橋?

    マレー半島の先端にあるシンガポールはひとつの島が国家となっている都市国家です。もともとはマレーシア連邦のひとつでしたが、1965年にマレーシアから追放される形で独立を果たします。以来、いちじるしい経済発展を遂げることになります。 国境がある 現

  • 「ロンパオ:風雲カンボジア日記」を読む

    クーロン黒沢というライターがいます。一般的には、アジアの珍スポットや、現地在住の日本人の奇人変人ぶりをとりあげる、ひと味違ったアレンジの旅行ライターという位置づけです。人生再インストールと銘打って、旅を基軸に多彩なネタをフォローした電子書籍「シックスサマナ」も

  • 台湾旅行なぜハマる?

    台湾は日本人に人気の観光地となっています。一度台湾を訪れた人はまた行きたくなるといわれています。なぜ、人は台湾旅行にハマるのでしょうか。 日本から近い 台湾のメリットはなによりも日本から近いということがあげられるでしょう。首都の台北は台湾島の北

  • 忘れられた紀行作家、小林紀晴

    小林紀晴という写真家がいます。彼は90年代は、写真家であるとともに文筆家としても注目されていました。出世作といえるのが「アジアンジャパニーズ」でしょう。 三部作 「アジアンジャパニーズ」は三部作で成り立っています。第一弾は、著者自身がアジアの各

  • 安宿でケチると痛い目に?

    海外を格安で旅行する場合に、必要なのはディスカウント力とはよくいわれます。必ず交渉をすることによって料金を安くしていくというものです。ですが、場合によっては無理にケチっていると痛い目を見ることもあります。 料金は快適さに比例 当たり前のことです

  • マカオとポルトガル語

    中国は現在一国二制度を採用しています。1997年にイギリスから返還された香港と、香港に次いで1999年にポルトガルから変換されたマカオは、中国でありながら特別行政区という扱いを受けています。中国国民であっても、これらの地域へ渡航するには許可証を必要としますし、

  • 日本人と上海

    上海は、日本人とはなじみふかい場所です。 戦前の上海は日本人にとってはパスポートなしで行ける「外国」でした。金子光晴の自伝的小説「どくろ杯」には、その妖しい都市の魅力が綴られています。 もっとも近い外国? 上海は日本からもっとも近い外国で

  • 北京飯店とは何か?

    かつてタイの首都バンコクの中華街の片隅に北京飯店と呼ばれる食堂がありました。この店は多くの日本人旅行者に愛されたことで知られています。 高級感はない? 北京飯店という言葉の響きから、ちょっとしたレストランのようなものを想像するかもしれません。で

  • ファランポーン駅とは何か?

    タイのバンコクの中心部にファランポーン駅と呼ばれる施設があります。これは、別名バンコク中央駅と呼ばれ、タイ各地への列車が発着します。 懐かしい構造 ファランポーン駅は、バンコクの中心部といっても旧市街に近い場所にあります。すぐそばには、昔ながら

  • 台北旅社とは何か?

    タイのバンコクのチャイナタウンであるヤワラー地区に台北旅社と呼ばれる安宿があります。名前からして中華街の安宿といった印象がありますが、この宿は一部の日本人旅行者には知られた宿でした。 ボロいのに清潔 台北旅社は、かつて多くの日本人旅行者に愛用さ

  • インドシナとフランスパン

    インドシナと呼ばれていた地域があります。現在の、ベトナム、ラオス、カンボジアにあたる地域です。この3国はかつて、フランス領インドシナとしてフランスの植民地でした。 フランス洋式の名残 これらの地域にはフランス植民地時代の名残をとどめるものが多く

  • ムーカタとは何か?

    タイ料理にはさまざまなバリエーションがあります。タイ料理というと辛い料理というイメージばかりが先行するかもしれません。しかし、そればかりではないのがタイ料理の魅力です。そんなタイ料理の深みをしることのできる料理のひとつがムーカタです。 ムーカ

  • アジアで人気の「日式」

    中国のほか、台湾や香港などを旅行していると漢字の看板が目に入ります。日本人であるならばなんとなく意味が読み取れるものも多く楽しいでしょう。その中に「日式」の文字が記されたレストランがあります。 日本式レストラン これは文字通り日本式の、日本風の

  • 陸路でアジアへ向かう

    アジア放浪の旅はいつの時代も惹かれるものがあるでしょう。バックパッカーは、陸路移動になるべくこだわっています。日本から向かう場合はどういったルートをたどるのでしょうか? 大阪からフェリー バックパッカーの陸路移動の拠点となるのは大阪です。ここか

  • カオサンロード好き嫌い?

    世界各国には、安宿街と呼ばれる場所があります。これは旅をする人たちというのは若者が多いため、滞在費を節約するために、安く宿泊できる宿が集まっている場所ができるのです。さらに、そんな旅行者たちを目当てとしたレストラン、旅行代理店などが集まることによって安宿街が形

  • 伝説のチョッキンマンション

    香港にはチョッキンマンションといわれる場所があります。香港は世界的に見てもホテル代が高い場所といわれています。しかし、中国文化と西洋文化が入り混じったなんともいえない魅力が香港にあるのも確かです。香港の数少ない安宿街がチョッキンマンションです。

  • 下川裕治本の魅力

    アジアを中心に紀行文を執筆する下川裕治という作家がいます。紀行文といっても、下川裕治の文章はひと味ちがった魅力を持っています。 観光名所をめぐらない 海外旅行の醍醐味といえばなんでしょうか。観光名所めぐりや、おみやげなどのショッピング、あるいは

  • マカオ旅行の注意点

    マカオは香港とならぶ観光地です。香港からジェットフェリーでおよそ1時間で行けるので気軽な観光地として人気があります。マカオには世界最大級のカジノタウンや、ポルトガルの植民地であったため、洋風の建築などが立ち並ぶ美しい都市です。ところがマカオ旅行にはさまざまな注

1 / 4 1 2 3 4 最後 »