アジアで人気の「日式」

中国のほか、台湾や香港などを旅行していると漢字の看板が目に入ります。日本人であるならばなんとなく意味が読み取れるものも多く楽しいでしょう。その中に「日式」の文字が記されたレストランがあります。


日本式レストラン

これは文字通り日本式の、日本風の、といった意味をするもので、日本料理が食べられます。ですが、海外で思い浮かべる日本料理といえば寿司とか天ぷらといったものかもしれませんが、日式というのはそればかりではありません。

カレーと牛丼

むしろ日本で言えば、B級グルメに該当するようなものが「日式」メニューとしては人気があります。それはカレーライスであったり、ラーメンであったり、牛丼であったりするものです。実は、とろみがついて野菜や肉の具材がゴロゴロと入ったカレーライスというのは日本独自の発展を遂げたものです。本場のインドカレーはもっとさらさらとしたスープ状のものです。中華圏などで出されるカレーヌードルなども、カレー味のスープといったイメージを思い浮かべると良いでしょう。

おいしい進化

私たちが普段何気なく食べているものでも、日本オリジナルの味付けや、アレンジがほどこされているのです。それらがアジア各国に輸出されて日式メニューとして高い人気を獲得しているのです。お値段は現地のメニューに比べればちょっと高めとなっています。

「レッドブルの元祖はタイ?」の詳細を調べる

    
コメント