ベトナム旅行の注意点

ベトナムはアジアの中でも、人気の観光地のひとつです。ベトナムは南北に長い国のため、首都のハノイと、南のホーチミン(サイゴン)ではまるで風景が違うのも魅力です。もともと、ベトナムは社会主義をかかげる北ベトナムと、資本主義をかかげる南ベトナムに分かれていました。ベトナム戦争を経ることによって北ベトナムが南ベトナム政府を倒して国家統一をなしとげているので、同じ国の中でも雰囲気の違いといったものが生じているのです。


ビザが必要

これまでベトナムは入国時にビザのいらない国として知られてきました。さらに入国時に記入するイミグレーションカードも存在しませんでした。そのため、気軽に訪れられるアジアの国として人気がありました。しかし、ベトナム旅行に関しては2015年の1月よりルールが変わっているので注意が必要です。

1ヶ月以内ならビザ必要

ベトナムは一度目の訪問ならば15日以内のビザは不要です。しかし、新たに加わったルールとしては、30日以内に、再びベトナムに入国する際にはビザ取得が必要となりました。ベトナムはラオス、カンボジアといった隣接する国をいっしょにめぐるコースも人気です。いったんベトナムに入り、別の国へ出て、また戻ってくるという場合にはビザが必要になりました。入国に関するルールは細かい変更がなされていることもあります。旅行の際はしっかりとチェックするようにしておいた方が良いでしょう。

「マクドナルドがない国は?」の詳細を調べる

    
コメント