ホーチミンサンダルって何?

ベトナムにはさまざまなおみやげがあります。ホーチミンサンダルも、そのひとつでしょう。


ホーチミンサンダルの構造

ホーチミンサンダルとは何でしょうか。これは、ベトナム戦争中に、作られたサンダルです。当時は物資が不足していたため、ホーチミンサンダルの原料には古タイヤが使われました。タイヤを切って、なめして作られていたのです。さらに、ホーチミンサンダルはつっかけるだけではなく、足首と足の先をしっかりと固定できるように作られています。これはなぜかといえば、ベトナム戦争の兵士たちが実際に使っていたためです。戦場を移動するために、脱げないように固定する構造になっていました。さらに、ホーチミンサンダルは、足を置く板に穴を開けて、ベルトを固定していました。接着剤などは使っていないため、丈夫な構造となっていました。

ホーチミンサンダルのメリット

ホーチミンサンダルにはさまざまなメリットがありました。平坦な構造になっているため、ジャングルを歩く際に、足跡が残らないようになっていました。ベトナム戦争では、神出鬼没なベトコンに、アメリカ兵が苦しめられました。その一つにはホーチミンサンダルが生み出す成果もあったと言えるでしょう。現在はおしゃれなベトナムみやげとなっているホーチミンサンダルにも、戦争の歴史が刻まれているのです。

「レッドブルの元祖はタイ?」の詳細を調べる

    
コメント