マカオ旅行の注意点

マカオは香港とならぶ観光地です。香港からジェットフェリーでおよそ1時間で行けるので気軽な観光地として人気があります。マカオには世界最大級のカジノタウンや、ポルトガルの植民地であったため、洋風の建築などが立ち並ぶ美しい都市です。ところがマカオ旅行にはさまざまな注意点があります。


パスポート紛失に注意

最大のものがパスポートに関するものでしょう。マカオと香港は別の行政区ですから、外国人は移動にはパスポートが必要となります。マカオには、日本大使館の領事館は存在しません。そのため、お隣の香港の領事館が事務作業を行うことになります。

マカオでパスポートを紛失した場合、マカオの警察に連絡し紛失届を発行してもらい、香港の日本大使館の総領事館に連絡をして、マカオ移民局の本部事務所で、出境の手続きが必要となります。そのあとではじめてフェリーに乗ることができます。移民局の本部事務所が土日は休みとなるため、週末にパスポートを紛失すると非常にやっかいなことになります。週末を利用して香港マカオ旅行をするという人も多いので注意が必要です。マカオはカジノの入場などでパスポートを提示することも多いので、出し入れが多くなりますので、無くさないようにしましょう。

マカオパタカはマカオだけ?

さらにマカオで流通している通貨のマカオパタカは、マカオ以外ではまず通用しません。マカオで香港ドルがつかえますが、香港ではマカオパタカは使えないので注意が必要です。

「飛行機は行き帰りでなぜ時間が違う?」の詳細を調べる

    
コメント