マレーシア人はなぜ英語ができる?

アジアの中でもマレーシアは英語力が高い国として知られています。マレーシアを旅行していると、誰もが英語を喋れることにおどろいた人もいるのではないでしょうか。例えば高い教育を受けている人や、熱心な英語教育を受けてきた若い人ばかりではなく、路上で生活しているような人やお年寄りまで英語をあやつれます。マレーシアはなぜこれほど英語が通じるのでしょうか?


イギリスの植民地

マレーシアに英語が浸透している理由のひとつが、もともとイギリスの植民地であったことがあげられるでしょう。さらに、現代のマレー語はアルファベットで表記されています。現代マレー語の中には、英語から借用された表現も多く見られます。そのため、現代マレー語に近く、表記もアルファベットということで、英語が普及しているのだといえるでしょう。

多言語多民族国家

さらにマレーシアは多言語かつ、多民族国家であることが知られています。マレーシアの民族構成は、マレー人と、中国系の住民とインド系の住民の大きく3つに分かれています。さらに、中国系の住民もルーツによっては、それぞれの地域の方言中国語というべき言葉を話しています。少数民族も多く存在しており、それぞれの言語があります。つまり、マレーシアに住んでいながら、マレーシア語を母国語としない人たちも多くいます。家で話している言葉と学校で勉強する言葉が異なるという現象が起きているのです。これは日本では珍しいことに思えるかもしれません。しかし、世界的にみればごく普通のことであるとも言えるでしょう。異なる民族間の共通の言語としてマレーシア語とともに、英語が用いられることもあります。そのため、英語が広く普及していると言えるでしょう。

マングリッシュ?

さらにマレーシア人の話す英語は、世界的な英語とは異なることが指摘されています。一般的にマレーシア人の発音する英語は単語や文節を区切って発音されます。そのため、日本人にもとても聞き取りやすい英語になっています。さらに、文法などを大胆に省略する英語が話されており、マングリッシュと呼ばれています。隣国のシンガポールで話される英語がシングリッシュと呼ばれるのとあわせて、アジア特有の英語といわれています。

マレーシアでは広く英語が話されます。これはもともとイギリスの植民地であったこととが関係しています。さらに、マレーシアは多民族国家のため、異なる民族間で話される共通の言葉としてマレーシア語とともに英語が用いられていることも関係しているでしょう。

「バックパッカーと猿岩石現象とは?」の詳細を調べる

    
コメント