タイの食べ物、タイの食材

タイは海も山もある豊かな国です。南北に細がなく、食料事情もめぐまれています。そのため、タイ料理には多くのバリエーションがあり、多くの食材が使われています。


タイ料理の基本は肉と野菜

タイ料理には多くの肉が使われています。鶏肉、牛肉、豚肉など日本でもおなじみの肉のほかにも、アヒルの肉なんてものも使われています。それぞれの肉を使ったチャーハンやラーメンなど多くのラインナップがあります。さらに野菜はパパイヤや、通称タイナスと呼ばれる丸いナスや、香辛料として使われるパクチーなどがあります。パクチーはタイ料理に限らずアジアを代表する食材ですので味わってみましょう。

魚も充実

さらにタイは長い海岸線を持つ国ですので、魚料理も充実しています。内陸部にも巨大な河川であるメコン河などがあり、川魚が取れます。タイの魚料理はちょっとクセがあるものが多いので、生臭さが苦手という人は避けた方がいいかもしれません。さらに、加工状態によっては食中毒の危険性もあるので、よく見極めるようにしましょう。

バンコク市内の中華街などでは蟹やフカヒレなどの高級な中華料理の素材を使った食べ物もあります。つばめのスープなんてものもあります。日本の中華料理店で食べるより格安で味わえるので、これを機会に食べてみるというのもアリです。

スイーツも充実

タイ料理といえば辛いというイメージを持つ人も多いかもしれません。しかしタイ人は辛党だけでなく、甘党でもあります。どちらも極端に振れているというのがタイの面白さでもあります。タイにはマンゴーやバナナなどを使ったスイーツが多くあります。ココナッツミルクの風味を活かしたトロピカルな味わいとなっています。

スナックも充実

屋台のタイ料理を食べると気づくかもしれませんが、タイ料理というのは一食あたりの量が少ないものとなっています。量からすると牛丼の小盛りくらいのものでしょうか。そのため、すぐにお腹が空くことになります。タイ人は1日5食6食食べると言われているとも言われています。食事と食事の間にちょっとつまめるものが充実しています。串焼きのソーセージだったり、ゆでただけのとうもろこしだったり、イカのフリットだったりと、多くの屋台が街なかにあります。縁日気分でいろいろと見てもいいかもしれません。

駄菓子も忘れるな

さらにタイではチープなお菓子類も充実しています。コンビニだけでなく、煙草のほか色々と売っているよろづやへ行くと、5バーツや10バーツで買えるガムや飴が大量に売られています。包み紙もカラフルなデザインのものが多く、見ていて飽きることがありません。こうしたマイナーな分野に目を向けてもいいでしょう。

次の記事

「タイ料理のおすすめメニュー」

前の記事

「タイの病気、マラリヤやデング熱は怖くない?」

    
コメント