タイ旅行にホテル予約は必要?不要?

タイは観光産業で成り立っている国です。そのため多くのホテルがあります。高級ホテルだけでなく中級ホテルも多くあり、さらにバックパッカー向けのゲストハウスも沢山あります。タイ旅行をするにあたってホテルの予約は必要なのか考えてみましょう。


手段によって値段が大きく違う

タイのホテルは飽和状態にあるため、どこもダンピングを行っています。ウォークインで行くのと、航空券とセットで予約したり、旅行代理店を通して予約するのでは大きく値段が異なります。旅行代理店を通すと手数料がかかると思うかもしれません。実際、マージンは上乗せされているのですが、それでも安くなります。日本から日本語で予約ができるサイトもあります。場合によれば、3000円ほど出せば良いホテルに泊まれることもありますのでこまめにチェックすると良いでしょう。

シーズンによっても違う

さらにタイはシーズンによってもホテルの値段が異なってきます。タイの気候は大きく雨季と乾季に分かれています。旅行にとってベストなシーズンとなるのは雨が降ることがない乾季です。そのため、11月から3月くらいがハイシーズンであると言えるでしょう。当然年末年始とも重なります。これらのシーズンに旅行を考えている場合は、現地へ行ってホテルが満室ということもありまえますので、予約をしておいた方がいいでしょう。

予約ができない宿もある

さらに、格安のゲストハウスなどは予約ができないところもあります。しかし、そうした安宿は大抵、周囲にも多くの宿を抱えているものです。バンコクではバックパッカーの聖地と呼ばれるカオサンロードなどが有名です。こうした宿は予約なしで行っても大抵どこかの宿は開いていますので、着の身着のまま行くという旅のスタイルもアリです。しかし、日本から直行便でタイへ行く場合、日本を夕方に発ってバンコクに到着するのは夜中になります。そこからカオサンロード周辺まで移動して宿を探すというのも、なかなか苦労しますので、初日の宿だけは日本から予約しておくというスタイルもアリです。

バンコク以外は?

ではバンコク以外の宿はどのようなものになるでしょうか。チェンマイやプーケットなど主要な都市の宿は日本からでも予約できるようになっています。しかし、これらの都市も観光客向けの設備は多くありますから、ホテルの部屋が足りなくなるということはありません。大抵はどこかの宿が開いているので、眠る場所がないということにはなりません。

次の記事

「タイのホテルの相場はどれくらい?」

前の記事

「タイへ安く行く方法【飛行機編】」

    
コメント