タイのホテルでチップは必要?

海外旅行先で困るものといえばチップの習慣でしょう。日本はサービス業が発達している国のため、チップを渡すという習慣があまりありません。タイでもバンコクを中心にチップの習慣は定着しつつあります。


チップの相場は?

チップはサービスに対する感謝の気持ちとして渡すものです。そのため、強制されるものではないということです。たまにサービスも何もせずチップをよこせという強引な人もいます。しかし、そうした人は無視して大丈夫です。

チップが定着している国、例えばアメリカの場合は、ウエイターやウエイトレスの給料が安すぎるために、チップがないと生きていけないといった事情があります。しかし、タイの場合は、チップだけで生きているという人はあまりいません。これにはさまざまな議論がありますが、もともとチップの習慣がなかった国なのですから、チップなしでも生きられるだけのお金は得られていたと見るべきでしょう。

相場は20バーツ

チップの相場としては20バーツというのが適当なものでしょう。20バーツは約70円ほどの価値があります。これがあれば、ジュースが1~2本買える、ちょっとしたパンなど軽食が食べられるくらいの値段になります。

ホテルのベッドメイキングや、ポーターに荷物を運んでもらったときなどに渡すようにするといいでしょう。ベッドメイキングは、枕元に置いておくというのが慣例になっています。机の上など他の場所に置いておくと、これがチップなのか、忘れ物なのか、ただ置いているだけなのか迷うことになります。トラブルのもとにもなりますので場所は間違えないようにしておきましょう。

100バーツのチップは?

さらに良いサービスを受けた場合には100バーツ程度のチップを渡すようにすると良いでしょう。例えばマッサージなど、長時間人間のサービスを受けるようなものに対して渡すようにすると良いでしょう。

タイでは20バーツと100バーツの間に50バーツのお札があります。しかし、あまり出回っていません。こちらはとても便利なものだったりします。100バーツも渡すほどではないけれども、20バーツではしのびないといった時に、50バーツ札を渡すとスマートです。いざという時のチップ用に、50バーツ札を用意しておくと良いでしょう。

コインのチップは?

20バーツの下には10バーツ、5バーツなどの少額のコインがあります。これらの値段で買えるものといったらペットボトルの水やあめ玉くらいにしかなりませんので、チップの金額としては不適当になります。レストランで食事を払って、お釣りのコインをすべてチップとするなどの渡し方はアリです。

次の記事

「タイの水事情、下痢に注意」

前の記事

「タイのWi-Fi事情、通じるの?レンタルは可能?」

    
コメント