カオサンロード好き嫌い?

世界各国には、安宿街と呼ばれる場所があります。これは旅をする人たちというのは若者が多いため、滞在費を節約するために、安く宿泊できる宿が集まっている場所ができるのです。さらに、そんな旅行者たちを目当てとしたレストラン、旅行代理店などが集まることによって安宿街が形成されます。タイの有名な安宿街としてはカオサンロードがあげられます。しかし、この場所はタイ旅行者の間でも好き嫌いが分かれるようです。


好きな理由は?

カオサンロードが好きな人は、その雑多な雰囲気にひかれるのかもしれません。なにしろ世界各国の旅行者が集まるため、タイっぽさというよりは、無国籍な感じが広がっています。日本でもよく目にすることの多い、アジア系の雑貨店、土産店なども立ち並んでいて見ているだけで楽しいです。さらに夜は爆音で音楽がかかっており、屋外でビールを飲んで踊り楽しむといった空間が広がっています。海外旅行へ出ると気分が晴れやかになり、開放的になる人が多いですが、そんな気分ともうまくマッチングします。さらにカオサンロードの宿は、ドミトリーと呼ばれる相部屋もあります。シングルルームでも狭いので、自然とロビーなどで他の旅行者との交流が深まったりすることも魅力です。

嫌いな理由は?

一方でカオサンロードが嫌いという人もいます。これは人それぞれということなのでしょうが、カオサンロードはうるさいから嫌い、タイっぽさがないから嫌いという人もいるでしょう。これは魅力をどう感じるかという点が必要でしょう。さらにバンコク市内は最近は地下鉄やBTSなどが開通し交通の便が向上しています。しかしカオサンロードは地下鉄駅からも遠く、チャオプラヤ川のボート乗り場もすぐそばというわけではなく、交通の不便な場所にあります。必然的にカオサンロードの内側にこもってしまうことになり、ほかのタイやバンコクを満喫できないというのがデメリットといえるでしょう。

「海外旅行に役立つ情報集」の詳細を調べる

    
コメント