タイの病気、マラリヤやデング熱は怖くない?

タイ旅行を考えている人にとって気になるのは病気のことでしょう。旅先で病気にかかってしまったならば、せっかくの旅行の予定が台無しになってしまいます。さらに場合によっては現地で適切な治療が受けられるのかどうか不安という人もいるでしょう。日本でも話題となったデング熱や、さらに恐ろしいマラリアなどにかかる心配はないのでしょうか。


マラリアはまず問題ない

まず最悪の場合は死亡することもあるマラリアに関してですが、バンコク市内に関してはまず問題ないと考えて良いでしょう。バンコク市内のチャオプラヤ川を訪れた人ならわかると思いますが、バンコクの川というものはとても汚れています。ゴミが浮いていたり、水草が流れてきたり、貨物船がオイルをまき散らしながら走っていたりと汚染度が進んでいます。マラリアを媒介する蚊というのは、水がきれいな場所でなければ生息できません。そのため、アジアでかかる可能性がある場所といったら、ボルネオの未開のジャングルの奥地に踏み入る、くらいのことをしなければまず問題ありません。

デング熱も問題はない

デング熱に関してもマラリアより可能性は上昇するものの都心部においてはまず問題ないと言っていいでしょう。そもそも、これらの病気にかかるのは蚊に刺されるという場合です。予防策として蚊に刺されないようにすることが重要です。具体的には虫除けスプレーを持参して身体に塗っておくといったことが必要になります。さらに海外旅行でよく行ってしまう屋外での食事にも注意が必要です。特にビールは二酸化炭素を発するため、蚊を惹きつける要因となってしまいます。露出の高い半袖短パンなどで、屋外でビールを飲んでいたら蚊に「刺しに来てください」と言っているようなものです。身近なところから気をつけるようにしましょう。

病院は問題ない

それでも病気になってしまったならば病院のお世話になることになります。適切な治療が受けられるのかどうか不安という人もいるかもしれません。しかし、タイの医療技術は先進国に比しても遜色がありません。いざ病院にお世話になるときでもクオリティに関しては問題ないといえるでしょう。

バンコク市内には日本語対応や、24時間対応をしているツーリスト向けの病院が多くあります。ガイドブックなどに情報が記載されていますので、あらからじめチェックしておくようにすると良いでしょう。

次の記事

「タイの食べ物、タイの食材」

前の記事

「タイの水事情、下痢に注意」

    
コメント