タイの治安は安全?【バンコク、チェンマイなど主要都市の地域別安全情報 】

タイ旅行を考えている人にとって気になるのは治安でしょう。タイは海外旅行の初心者にも優しい国ですし、初めての海外旅行がタイという人もいるかもしれません。そんなビギナーに向けてタイの治安を地域別に解説します。


海外旅行の治安

まず前提の確認ですがタイは海外の中でも比較的治安が良い国と言われています。しかし、これは日本と同じように過ごせるという意味とイコールではありません。日本と同じ考えで海外旅行に挑むのは危険です。例えば日本ならば荷物を置いたまま、ちょっとトイレに行ったり、たばこを吸いに行ったりしても荷物がなくなることはありませんが、海外でも同じとは限りません。さらに、夜中に一人でふらふらと歩いていても安心ですが、海外では同じとは限りません。

さらに日本では歩道が青信号ならば車やバイクが突っ込んでくるようなことは考えられません。しかし、海外では交通ルールはあってないようなものです。万が一、交通事故に遭遇してしまっても補償はほとんどありません。すべて自己責任と考えるべきです。普段の生活で、人通りの少ない道を歩かなかったり、車やバイクに気をつけるといった気持ちを引き締めておけばまず問題ありません。

バンコクの治安について

タイ旅行をするほとんどの人が訪れる場所が首都のバンコクでしょう。高層ビルが立ち並び、スーツ姿のビジネスマンが行き交う現代的な都市です。しかし路地を一歩入れば、屋台が立ち並び、三輪タクシーであるトゥクトゥクの運転手が昼寝をしています。そういったさまざまな風景が見られるのもバンコクの魅力です。

バンコクの治安はタイの中でも安定していると言えるでしょう。しかし、時によっては反政府デモが激化したりすることもありますので、旅行前に政情のチェックは必要です。もっとも確実な情報としては外務省の海外安全ホームページをチェックすると良いでしょう。

さらにバンコクは多くの観光客が訪れるので、そういった客を相手とした詐欺同然の話を持ち掛けてくる不埒な輩もいます。安く観光ガイドをするといって、チャオプラヤ川の上で「高額な料金を払わないと帰さない」と脅される手口や、性風俗店のチラシを見せて案内し高額なマージンを取るといった手口が横行しています。さらにマッサージ店で格安の料金を提示するも、サービス料やチップを請求されるといった手口もあります。被害に遭わないためには日本語で話しかけてくる人を無視することです。さらにガイドブックやインターネットなどで目的地を決めておくのも手です。行き当たりばったりで行くというのも旅行の醍醐味の一つですが、短い滞在時間を有効活用するためにも、計画をしっかり立てておくと良いでしょう。

プーケットの治安

バンコクを離れて多くの日本人が訪れるのはプーケットです。プーケットはタイ南部にあるリゾートアイランドです。プーケットの治安も比較的安定しています。ただし観光客で成り立っている島なので物価はバンコクなどに比べて高めです。これは観光地価格と割りきって、無理に値切ったりしないようにしましょう。

プーケットは海辺ということもありラフな格好で動くことが多くなります。ポケットに入れた財布やスマートフォンをつい無くしてしまうということもありますので、忘れ物のないように注意しましょう。

チェンマイの治安

プーケットと並び日本人観光客が多いのがタイ北部の都市チェンマイです。城壁に囲まれた都市であり、古いお寺が立ち並び、さながらタイの京都とも言われています。

チェンマイは盆地にある都市ですが、交通網が発達していません。移動は、1日単位で借りるレンタルサイクルか、ソンテウと呼ばれるピックアップトラックになります。ソンテウでの移動はすべて料金は交渉制となりますので、インターネットなどで目的地までの相場を把握しておくと良いでしょう。

チェンマイの名物といえばナイトバザールです。1キロ近くにわたって民芸品などを売る店が立ち並びます。人が集まる場所なので置き引きやスリに注意しましょう。さらにチェンマイの夜はバンコクなどに比べて早く終わってしまいます。夜遅くになると人通りもなくなりますので、女性のひとり歩きなどは避けた方が良いかもしれません。

パタヤの治安

パタヤはバンコクからバスで2時間ほどのリゾート地です。もともとはベトナム戦争時にアメリカ軍人たちのリゾート地として発達しただけあり、国際色豊かです。町中では英語があふれています。最近ではロシア人観光客も増えています。パタヤの治安も安定していますが、性風俗産業が盛んな土地でもあるので、女性の一人旅や家族連れなどには不向きな場所といえます。

タイ南部の治安

タイ国内は比較的治安が安定しているとも言えますが、南部は問題を抱えています。タイは仏教徒が多い国ですが、マレーシアと接する最南部はイスラム教徒が多く在住しています。この土地では、独立を求めるイスラム原理主義勢力による爆弾テロなどがたびたび起こっています。

町中では日常生活が営まれていますが、警察官の警備が強化されています。外務省の海外安全情報でも「ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)」については渡航延期勧告が出されています。特筆すべき観光地がある地域でもないので、興味本位で訪れてみるといったことは避けましょう。

次の記事

「タイは観光客が多い?」

前の記事

「旅行は心配ない!クーデター多発のタイ情勢」

    
コメント