タイで英語、日本語は通じる?

タイは初めて海外に行く、という人が多く訪れる国です。そこで不安になるのは言葉の問題でしょう。タイ語に使われるタイ文字は、うねうねとした曲線で作られており、前提となる知識がない人はまず読めません。さらに、タイ語には同じ言葉でもイントネーションによって意味がまったく違ってしまう「声調」が多くあります。初めてのタイ旅行で、いきなりタイ語をマスターするのは無理があると言えるでしょう。そうなると頼みの綱は英語か日本語になります。言葉もわからない土地で右往左往してしまうことほど不安なことはありません。タイでは英語や日本語は通じるのか解説します。


英語は観光地なら通じる

タイは都市部や観光地の人間ならば英語が通じます。しかし日本にいると英語を使う機会はほとんどありません。きちんと喋れるのか、さらに発音が悪くても通じるのか不安になる人もいるでしょう。

しかしタイ人の英語力や発音も日本人とどっこいどっこいといった感じです。文法も曖昧なので、単語をつなげるだけで言葉が通じたりします。駅ならばステーション、ホテルの開き部屋を探すならルーム、こういった簡単な言葉だけでコミュニケーションが取れてしまいます。うまく聞き取れなかったりした場合は紙に書いてもらうと良いでしょう。

日本語は通じる?

それでも英語に不安があるという人が気になるのは日本語が通じるのかということでしょう。日本語はタイ、特に首都のバンコクには広く普及しています。バンコクに居住している日本人は約5万人とも言われています。タイプも、大使館や、商社の駐在員として赴任している者から、バックパッカー旅行の延長線上でそのままタイに住み着いてしまったというタイプまでさまざまです。家族連れでタイに赴任している人もいるので子供からお年寄りまで多彩な日本人がいます。そうした日本人向けのビジネスや、日系企業も多くいますので日本語をしゃべるタイ人も多くいます。高級なホテルなどには日本人スタッフが常駐しているところもあります。不安な場合は、旅の計画を立てる時点でそうしたホテルを選ぶようにすると良いでしょう。

タイ語を喋ろう

タイ語は独特のタイ文字の並びで怖気づいてしまう人もいるかもしれませんが、しゃべる分にはそれほど難しくありません。もちろん文法を駆使するにはトレーニングが必要ですが、単語やあいさつくらいならば簡単です。ガイドブックに載っている文字などをタイ人に読んでもらい真似してみると良いでしょう。

次の記事

「タイ語の数字の覚え方」

前の記事

「意外と簡単? タイ語の基本」

    
コメント