タイ語の独学勉強におすすめの本・教科書は?

タイは多くのリピーターを生み出している国です。タイから戻ってきた途端に、またタイに行きたくなるという人は多いでしょう。日本のタイ料理屋で、グリーンカレーやガパオのランチを食しながら、次のタイの渡航の日を指折り数えて待つ、といったことも珍しくありません。タイへ何度か行くうちにタイ語を学んでみたいと思う人もいるかもしれません。タイ語は発音などが難しいので、学校へ行くことがベストですが、お金も時間も余裕が無いという人は独学でマスターすることになります。


おすすめのテキストは?

タイ語の独学におすすめのテキストはCD付きのものを選ぶようにしましょう。タイ語は音で覚えるのが一番ですので、音で学べる教材を選ぶようにしましょう。

初心者向けには藤崎ポンパン、早坂 裕一郎 による『世界一わかりやすい!一夜漬けタイ語 ― 初めてのタイ語学習 旅行・出張に! ぶっつけ本番でも話せる!通じる!』(TLS出版)があります。現地で語学学校を運営している著者のテキストなので、日本人がつまづきやすいポイントをていねいにフォローしています。カタカナとローマ字で覚えていくので、タイ文字に抵抗がある人にもおすすめです。

さらに、語学学習の向上には単語力も重要ですので、単語のフォロー範囲が広い本を選ぶようにすると良いでしょう。できることならばタイ語の辞書もそろえたいところです。辞書では岡滋訓による『音で引く・タイ日実用辞典 』(ボイス)はタイ文字が読めなくても音から引けるのでビギナーにはおすすめです。

現在は、電子辞書でもタイ語の辞書が出ています。さらにインターネット上にあるフリーのタイ語辞典や翻訳サイトもけっこう使えます。

動画で学ぶ

さらに慣れてきたらタイ語の会話をマスターするようにしましょう。タイ語の会話のマスターに最適な教材はタイのテレビ番組や映画などです。インターネット上の動画サイトなどにはタイの番組が多くそろっています。さらにタイ食材店などには、タイ語のDVDなどが取りそろえられていますので使ってみると良いでしょう。

さらにタイにも「ポンキッキ」や「おかあさんといっしょ」のような子供向け番組があります。日本のアニメに、タイ語の吹き替えがなされたものが放送されていることもあります。子供向けの番組は語彙も少ないので、初歩的な語学学習には向いています。

次の記事

「タイ旅行の服装」

前の記事

「最低限覚えておきたいタイ語10選」

    
コメント