タイの夜間外出禁止令でナイトスポットの営業は?

タイでは現在軍事クーデーターを受けて夜間外出禁止令が敷かれています。現在では夜の12時から早朝5時までの外出に制限がかけられています。


ナイトスポットはどうなる?

夜間外出禁止令を受けて気になるのがナイトスポット事情です。タイでは多くの夜遊びポイントがあります。水着の女の子がダンスを披露するゴーゴーバーから、深夜営業のレストラン、ディスコまで、明け方まで賑わっています。

タイは日中は暑いため、あまり動きまわらず、夜になるとあちこち遊びに行くというスタイルが定着しています。

ナイトスポットによっては夜の9時10時でも閑散としており、日付が変わる12時くらいになってやっと盛り上がるという場所も少なくありません。そうなると、思い切り夜間外出禁止令の時間にかかってしまうのですが、どうなるのでしょうか?

前倒し営業を実施

観光客向けのゴーゴーバーなどは前倒し営業がなされているようです。通常は夜の7時から9時にオープンするのが、早いところだと昼間の3時からやっているようです。タイの気温が最高潮になる時期からビールを飲んで、露出のあらわな女の子のダンスを見ることになります。

この時期のタイは、昼間に動くだけで汗だくになってしまいます。体中の水分が失われているので、その分ビールはおいしくなりそうですが、何とも奇妙な風景です。この風景はいましばらく続きそうです。

「旅行・おでかけ情報」の詳細を調べる

    
コメント