タイ旅行で突然の豪雨「スコール」の対策法

タイ旅行をするにあたって気をつけなければいけないのがスコールです。南国のスコールは日本のにわか雨、雷雨の比ではありません。バケツをひっくり返したような土砂降りの雨が降ります。さらに場所によっては治水対策がほどこされていないため、一気に冠水してしまうような場所もあります。


スコールは雨季に降る

タイには雨季と乾季の気候の違いがあります。バンコクの場合、雨季は6月から10月、乾季は11月から5月にかけてです。乾季に入ると雨がまったく降りませんが、雨季の間は1日1回は必ず降ります。スコールが降るまえには必ず前兆があります。これまで晴れていたものが、重く暗い雲が立ち込めてきます。その後、ポツポツと大粒の雨が降り始め、その後一気に雨が降り出します。一度振ると、さらに雨足が強まり、ピークを過ぎると雨がやんでゆきます。

周りの人の動きを見よう

初めてスコールに遭遇する場合、どのタイミングで降り始めるのかが見極めにくいかもしれません。そうした場合には路上で屋台や露天を出している人たちの動きを参考にすると良いでしょう。品物が雨に濡れてしまわないように、片付けを始めます。その作業を大慌てで行っているならばまもなくスコールが来る証拠です。一方で、のんびり片付けをしているのならばスコールが来るまでに時間があると見て良いでしょう。

場所を確保する

スコールは早いものだと30分程度でやみますが、完全に降り終わるまでには1時間以上かかることもザラです。スコールに遭遇しそうになったらその間に過ごせる場所を確保しましょう。マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店はバンコク市内ならいたるところにあります。さらにローカルのコーヒーチェーン店も多くあります。そうした店ならばフリーWi-Fiを備えているところが多くあります。スマートフォンでもいじりながらのんびり雨が止むのを待つといいでしょう。

さらにバンコク市内には複数の店舗が集まったショッピングモールも多く作られていますので、ぶらぶらしているうちにスコールが止んでしまう、といったこともあります。ショッピングモールの中には日本語の書籍をそろえた書店があるものもあります。

移動手段に充てる

さらにスコールの時間ぼうっとしているのがもったいないという人は移動手段に充てるという手もあります。バンコク市内の場合、地下鉄やBTSならば、スコールの影響を受けることなく運行されています。30分程度の時間を移動にあてて、次の観光スポットに到着するときには雨がやんでいる、というのも一つの理想的なプランです。バスやタクシーなどの場合は、車の動きが遅くなるため渋滞に巻き込まれてしまうことになるので注意しましょう。

次の記事

「タイ旅行に必要な暑さ対策【タイの平均気温は30度超え】」

前の記事

「タイの雨季は雨ばかり降っているの?【雨季は6〜10月、乾季は11〜5月】」

    
コメント