タイの移住情報〜タイは日本人だらけ?〜

タイ旅行に何度か行っているうちに、すっかり気に入ってしまい住んでみたいと思う人もいるかもしれません。タイ国内には約5万人の日本人が住んでいます。そのうち4万人が首都のバンコクに住んでいます。なぜ、タイが移住先に選ばれるのでしょうか?


タイが移住先に選ばれる理由

タイが移住先に選ばれる理由は第一に物価の安さがあります。タイの物価は日本の3分の1程度と言われています。そのため、食費など毎月一定程度かかるものでも3分の1で済みます。

日本ならば10万円かかるところがタイならば3万円ちょっとで済んでしまいます。ただし、タイと日本で変わらない値段もあるので注意が必要です。電気料金などは、物価に比して高くなっています。特にクーラーなど、快適さを求めるものは電気料金が高くなっています。夏場に1ヶ月間クーラーをつけっぱなしにした場合は5000円程度のお金がかかることになります。タイの物価からすれば、けっこうな値段になります。

さらにタイが魅力的な理由は医療制度が充実していることがあげられるでしょう。もちろんタイの病院もピンキリですが、研究機関などの病院は、最新の医療制度が取り入れられています。さらに薬の価格も安くなっているので、外国人が受診するような病院の設備は日本並みかそれ以上と言ってもいいでしょう。

治安の良さもタイの魅力です。もちろん観光客相手の詐欺商法や、ひったくり、泥棒なども存在していますが、夜中に路上を歩いていて襲撃されるといったことはまず考えられません。タイ人の人柄もおおらかな人が多いので、それも関係しているのかもしれません。

何よりタイは日本の文化が多くあることも魅力です。タイ、特にバンコク市内ならば、日本食を扱うレストランやスーパーが多くあります。刺身やざるそばといった和食ばかりでなく、カレーやラーメンといったB級グルメも充実しています。マクドナルドなどの世界共通のファーストフードも充実していることは言うまでもありません。

日本語の書籍を扱う店や、日本語の漫画がそろった漫画喫茶などもありますので、日本にいるような感覚で暮らすことができます。さらにタイでは漫画やアニメやゲームなど日本のサブカルチャーはすごい人気となっています。メイド喫茶なんてものまであるほどです。

永住ビザ取得は難しい

タイの移住にはビザの取得が必要となります。50歳以上で条件を満たせばロングステイビザの取得が可能となります。さらに観光ビザも、シングル30日、ダブル60日、トリプル90日といったスタイルで取れます。それぞれ延長も可能なので、トリプルエントリーを取れば年齢に関係なく最大で180日間の滞在が可能となります。タイには永住ビザもありますが、条件がかなり厳しくなっているので、取得を前提に動くことは避けたほうが無難です。

では、タイ移住の費用はどのくらい必要なのでしょうか? 一般的にタイ人の平均年収は多くても150万程度といわれています。これは都市部の大学卒のサラリーマンの収入になります。そのため、これくらいの値段があればバンコク市内のアパートに住んで、平均的な食事を取るといったことが可能になります。これより多くの値段をかければ、その分豪勢な暮らしができます。例えばメイドを雇う、プール付きのコンドミニアムに住む、といったことが可能となります。予算に応じて生活スタイルを変えてゆくと良いでしょう。 

バンコク以外の在住都市は?

バンコクは日本人が多く住む場所として知られています。では、他の都市ではどこに住んでいるのでしょうか?

バンコク以外で多くの日本人が住んでいる場所としては、チェンマイ、アユタヤ、チョンブリーなどがあげられます。

チェンマイはタイ北部にある都市です。城壁に囲まれた都市であり、冬は寒さが訪れます。タイの京都とも言われている静かな町並みが魅力です。

アユタヤはバンコク郊外にある都市です。アユタヤ王朝があった土地として知られ、遺跡などが多くあります。日系の工場なども多く設置されているので仕事関係で住んでいる人も多いようです。チョンブリーも日系企業の大きな工業団地があるため、ビジネスの需要があるのでしょう。

さらにチョンブリー近くにあるパタヤにも歓楽街が栄えているので、ロングステイする日本人が多くいます。移住もいいですが、ロングステイという選択肢もあることを知っておきましょう。

次の記事

「日本からタイへの飛行時間と時差は?」

前の記事

「タイで禁止されたビザランとは?」

    
コメント