タイではカレーが毎日タダ?

モーニングセットは、ワンドリンクにさまざまなおまけ要素がついてくるお得なセットです。トーストに生卵にサラダにと、さっぱりとした朝食を楽しめます。お安い値段で、楽しめるお得なセットです。常夏の国、タイでは、タダでモーニングカレーが食べられる場所があります。


食べ放題

カレーの食べ放題を実施しているのは、タイの首都バンコクにある、ガードワラ・シーク教寺院です。バンコクのインド人街にあります。シーク教の名物は、頭に巻いたターバンでしょう。海外進出が盛んなため、インド人イコールシーク教のイメージが定着しています。シーク教徒以外にも、ほどこしとしてカレーが提供されています。カレーはインド式のベジタブルカレーです。肉入りカレーを食べ慣れている人にとっては、ちょっとコクがなくて物足りないという人もいるかもしれません。しかし、カレーと一緒に提供されるチャイは、濃厚なミルクティーですから、2つのバランスを考えればちょうどいい塩梅になるかもしれません。シーク教徒の人たちは手を使ってカレーを食べていますが、異教徒用にスプーンも用意されています。さらにカレーだけでなく、ライスと、小ぶりのナンであるチャパティも食べ放題です。ただし、食べ放題だからといって残してはいけません。ほどこしとして与えられるものなので残さないで食べましょう。

時間はいつ?

カレーモーニングの提供時間は、毎朝8時から10時半までとなっています。宗教や国籍に関係なく誰でも食べることができます。お寺に入る時には靴を脱いであがります。さらに、その場で貸し出されているターバンを頭に巻く必要があります。長期滞在をしている日本人旅行者の中には毎日のように、このカレーモーニングを利用している人たちもいるようです。それでも追い出されるといったことはありません。シーク教寺院の寛大な精神が感じ取れます。

タイの首都バンコクには毎朝、カレーバイキングを無料で実施しているお寺があります。インド人街にあるシーク教寺院へ行けば、いつでもカレーが食べられます。

「なぜカルビには脂が多いのか?」の詳細を調べる

    
コメント