決済通貨とは何か?

決済通貨と呼ばれるものがあります。これは国際間の取引に使われる通貨を指しています。現在は仮想通貨などが普及していますが、依然としてキャッシュ、現金を用いる文化が強いとも言えるでしょう。


米ドルが有利

決済通貨というのは、経済活動や貿易活動だけに限ったものだと思っている人は多いのではないでしょうか。しかしながら、決済通貨については海外旅行などをするときに持っておいた方がいい知識だと言えます。決済通貨を持っていれば、大体どこの国でも両替が可能となりますから、とりあえず現地の通貨を手元に置いておくといったことも不可能ではありません。決済通貨として最も有利なものは米ドルです。これは世界中どこの国や地域に行ったとしてもまず両替を断られるということはありません。1ドルいくらといったレートがどこの国でもあります。

次はユーロ?

米ドルの次に使われているのがユーロです。ヨーロッパのユーロ加盟国ばかりではなく、中東やアフリカなど広い地域でも決済通貨として通用します。

そのほかの通貨は?

それではそのほかの決済通貨としては何が使われているのでしょうか。イギリスのポンドや、中国の人民元、日本円、オーストラリアドル、スイスフランなどが使われています。さらにはアメリカのお隣の国のカナダドルであっても広く決済通貨として利用されています。海外に出かけるにあたっては、まずこれらの通貨を持っておくことを考えると良いでしょう。

    
コメント