アイアントレインとは?

アフリカのモーリタニアにはアイアントレインと呼ばれる列車が走っています。この列車は世界一長い列車として知られています。その距離は2キロとも3キロとも言われています。2キロといえば、ひとつの駅間距離くらいありますね。私鉄沿線ならば数駅をまたがってしまうでしょう。それだけの距離の線路の上に列車がうまっているというのですから驚きです。

タダで乗れる

このアイアントレインは無料で乗車できる列車として知られています。アイアンと名前がつけられている通り、この列車は鉄鉱石を運ぶ列車です。貨物に鉄鉱石を積んで、戻る時は空のため無料で乗車ができるようになっているのです。ただ、むきだしの貨車に乗るわけですから、過酷な乗車になることには代わりありません。

外国人も乗車できる

このアイアントレインは、モーリタニア国内を移動するときに、道路とは別のルートをショートカットするように通っています。そのため、早く移動したい人にとっては便利なようです。外国人の利用者もそれなりにおり、パスポートチェックを受ければ乗車可能だそうです。

砂漠を移動

アイアントレインは砂漠の中をひたすら移動して行きます。昼は日差しが照りつけて暑いのはもちろんですが、夜は一転かなり冷え込むようです。過酷なのは間違いないでしょうが興味のある乗り物ではあるでしょう。