エキナカ観光を楽しむ

JRの路線の場合、目的地に至るまでに最短距離を通らずに遠回りをしても良いことになっています。そのため、改札を出ない限りは駅の中の施設を利用することは自由です。


エキナカが充実

最近では都心ではエキナカが充実していることが知られています。以前のエキナカといえば、ちょっとした食事が取れる立ち食いそばか、キオスクくらいがせいぜいでした。しかし最近のエキナカは、お持ち帰りのグルメや、パンなどのほか、ファッションブランドや、さらに本格的なグルメなども楽しめます。朝から営業しているお店もあり、お得な値段でモーニングを提供しているところもあります。首都圏の各地にあるエキナカをめぐっているだけで1日が過ぎてしまうということもあるかもしれません。エキナカの良いところは夜も遅いところまでやっているところもあるということでしょう。

ご当地「そば」を楽しむ

しかし、エキナカだけでなく、昔ながらのB級グルメも鉄道の駅内で楽しむことができます。最近の立ち食いそばは、すべてチェーン店化されているので、どこで食べても同じ味というところもあります。しかし、場所によっては独自に店舗を展開している「インディーズ系のそば屋」があるところもあります。例えば我孫子駅構内にある、弥生軒は、巨大なからあげが名物となっています。そのような、深い味わい、インディーズな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

「カフェが少ない下赤塚(地下鉄赤塚)で厳選した仕事・勉強に使えるノマドカフェ」の詳細を調べる

    
コメント