桜前線を追っかけ、春の東北新幹線は楽しい?

桜のシーズンになりました。桜はとても美しいものですが、ぱっと散ってしまうのが寂しいですね。そのはかなさことが桜の魅力とも言えるものですが、満開になったかと思った途端、風が吹いたり雨が降ってしまうとあっという間に散ってしまいます。しかし、そんな桜を追体験する方法があります。


東北新幹線に乗る

言うまでもなく桜前線は、南から北へと進んでゆきます。そのため、春に東北新幹線に乗れば桜前線を追いかけるように、風景を追体験することができるのです。例えば東京で桜が散ってしまったあとに、東北新幹線に乗り込めば、北へ向かうに連れて桜が満開になってゆきます。一度散ってしまった桜を、再び見ることができるようになるのです。

東北の桜のシーズンは?

桜の名所として知られる青森の弘前公園では、ゴールデンウイークが桜の見頃となっています。連休には桜を追って北へ旅行してみるのも良いかもしれません。

東北地方にとっては桜は4月中旬以降に咲くものなのです。そのため、卒業式や入学式は桜とは関係ないものとなっています。

ほかの新幹線では?

それでは北へ向かう他の新幹線では桜は体験できないのでしょうか。この春、開業した北陸新幹線なども使えそうなものです。しかし、上越新幹線や北陸新幹線はトンネルの区間も多くあるので、車窓の景色をゆっくりと楽しむというのは少々難があります。やはり東北新幹線がベストといえるでしょう。

「新幹線情報いろいろ」の詳細を調べる

    
コメント