新婚旅行専用列車があった?

現在ならば新婚旅行の定番といえば海外ともなるのでしょうが、かつては国内で行われていました。特に人気だったのは九州の宮崎県です。南国気分が味わえる場所として人気だったのでしょう。

専用列車があった

この新婚旅行に関して、国鉄が専用の列車を運行していたことがあります。その名も「ことぶき号」というもので、京都ないし大阪から宮崎を目指すルートだったようですね。当然ならが距離があるので寝台列車も連結されていました。

珍しい?

この新婚旅行専用列車というのは、隣り合う座席に男女のカップルが座り、いずれも新婚さんということですから、さぞかしラブラブな空気だったのかもしれません。臨時列車というのは修学旅行などでも運行されていますが、新婚旅行というのは珍しいですね。それだけ、ひとつのパッケージツアーのようにして旅行をするというスタイルが主流であったかということの証左でもあるといえるでしょう。

すたれてしまった?

しかしこの列車というのは1967年ごろから運行がはじまり、1973年ごろにはなくなってしまったそうです。かなり限られた時期のみ運行されていたことがわかりますから、そこにおいては、ある意味では乗った人は貴重だともいえるかもしれませんね。