幻の新幹線計画

2015年度に、東北新幹線が延伸して青函トンネルを通って新函館まで開通する予定となっています。これに先駆けて九州新幹線も博多から鹿児島までの区間が開通しています。日本列島が新幹線の路線で繋がれようとしていますが、その中心地である東京周辺には幻の新幹線用地が存在します。


成田新幹線とは

用地買収と工事が進められていたにも関わらず途中で頓挫した新幹線計画のひとつに成田新幹線があります。東京から成田空港を新幹線で結ぶルートですが、東京都東部と千葉県の北西部の住宅地において反対運動が起こったために計画が中止されました。

成田空港にできていた鉄道施設は現在は、JRと京成線の乗り入れ駅として利用されています。さらに成田周辺には新幹線の高架橋も存在します。東京駅も完成しており現在は京葉線用のホームに転用されています。

東北上越新幹線の新宿ルート

さらに、池袋から埼玉方面に伸びる埼京線沿線には、線路の高架橋の脇に空き地が延々と続いている区間があります。

この場所は、大宮から分岐する東北および上越新幹線が新宿駅に乗り入れるルートとして確保されたものでした。こちらも、都心部の用地確保が困難であることから現在に至るまで実現していません。

成田新幹線も、東北新幹線の新宿ルートも、都心部の用地取得がネックとなっています。新幹線の駅は、細かく設置されるわけではありませんので騒音問題を抱えても恩恵は何もないというのが地域住民の本音なのです。

「びっくりトリビア情報」の詳細を調べる

    
コメント