幻の新金線とは?

東京都内にはいたるところに鉄道網が張りめぐらされています。JR線はもとより、地下鉄の路線や私鉄の各線があります。もう新しい路線を作るスペースはないかと思いきや、幻の路線が存在します。それが新金線です。


貨物線用路線

新金線は、JR常磐線の金町駅と、JR総武線の新小岩駅を結ぶ路線です。しかし、そんな路線は電車の中で見られるJRの線路図には掲載されていません。なぜならば新金線は貨物列車の専用路線となっているからです。しかし、地域には多くの住民も住んでいるため、旅客化を要望する動きが根強くあります。確かに、広い葛飾区江戸川区一帯を縦に走る路線が作られることは便利です。しかし、現在に至るまで旅客化はなされていません。それはなぜでしょうか。

単線のネック

新金線は単線の路線となっています。いざ旅客営業をするとなったならば、列車がひたすら往復をするという方式を取らなければいけません。そうなると、本数が限られたものとなってしまいます。バスやタクシーや車の方が早いということになってしまいかねません。さらに、本数を増やすとなれば途中駅に列車交換の設備も設置しなければいけません。そのようなことをしてまで新しい路線を設置するメリットがあるのかということが考えられるため現在に至るまで旅客化がなされていないのでしょう。さらに、いざ列車を走らせるとなっても、単に金町と新小岩を結ぶだけでは地域密着型の路線ということになってしまうだけでしょう。東京都内の各ターミナル駅に直接乗り入れるようになるのが理想ですが、それはなかなか難しいものだと思われます。

東京都内にはいたるところに線路が張りめぐらされています。しかし、旅客の列車が通らない幻の路線があります。その一つが新金線です。沿線には多くの住民がいるため旅客化してはどうかという声もありますが現在に至るまで実現していません。

「コンテナで引っ越しをする3つのコツ【長距離引越しに最適】」の詳細を調べる

    
コメント