地下鉄三田線の秘密

地下鉄三田線は山手線の目黒駅から、東京の中心部を縦に通りぬけ、板橋区の新興住宅地である高島平団地までを走る路線です。

終点の西高島平駅は、ぽつねんとした場所にあります。ここまで来ると、高層団地の姿もなくなり、むしろ埼玉県和光市や、荒川の対岸である埼玉県戸田市の方が近いかもしれません。なぜ、このような場所に駅があるのでしょうか。


直通の予定だった

現在、多くの地下鉄路線が首都圏の私鉄会社と相互直通運転を行っています。当初は三田線も、東武東上線と直通運転を行う予定でした。

都営地下鉄が西高島平までを建設し、東武鉄道が和光市から西高島平までの路線を作る約束でした。しかし、東武鉄道が建設資金を確保できず用地買収が進まなかったため、和光市駅から地下鉄有楽町線に乗り入れることになりました。

幻の新線池袋駅

もともと地下鉄有楽町線は小竹向原駅から西武池袋線が乗り入れていましたが、そこに東武東上線が乗り入れる形となります。1つの路線の同方向に2つの私鉄会社が乗り入れるのは珍しい形となります。

現在のように副都心線が開業するまでは、小竹向原と池袋の間には新線と呼ばれる線路が走っていました。この区間は、定期も別の扱いとなっており、乗降客もまばらでした。

西高島平観光ポイント

西高島平駅は、板橋区赤塚のはずれとも隣接しています。そのため赤塚大仏や板橋区立美術館などの観光スポットにも近いです。一度訪れて見てはいかがでしょうか?

「地下鉄有楽町線は軍事路線だった?」の詳細を調べる

    
コメント