国鉄時代の長距離鈍行列車とは?

夏休みを利用して旅行をするという人も多いのではないでしょうか。時間がある人にとって便利なのが、青春18きっぷを利用した移動です。1日あたり約2300円で、普通列車ならばどこまでも移動することができます。


乗り継ぎがネック

しかし18きっぷの移動でネックとなるのがのりつぎです。タイミングを逃すと1時間近く待ちぼうけを食らってしまうこともあります。一方で乗り継ぎの時間が短く、トイレや食事もままらないということもあります。

長距離運行列車とは?

現在はJRは各会社に分かれていますが、かつては日本国有鉄道に一本化されていました。そのため日本全国どの場所でも同じ事業者が運営していたので、長距離運行列車が存在していました。かつては東京から九州の門司まで走る列車もありました。東京の北の玄関口である上野から青森まで行く列車もありました。

伝統の大垣夜行

かつて東海道線には大垣夜行という普通列車が走っていました。これも国鉄時代の長距離普通列車の名残を残すものです。現在は完全予約制のムーンライトながらとなっています。

大垣夜行は深夜12時を過ぎて乗車すると、18きっぷのカウントとして、1日分で済むのでお得な使い方ができました。夜中に東京を発って、翌朝早朝に大垣に着いて、米原まで出ることで、午前中には京都、大阪まで到達することができたのです。

逆に関西方面から大垣夜行で東京へ向かい、その日の大垣夜行で戻るといった弾丸往復も可能でした。

    
コメント