夜行列車なぜ大垣止まり?

青春18きっぷのシーズンに活躍する列車といえば「ムーンライトながら」です。東京と大垣の間を結ぶ夜行快速列車です。青春18きっぷは日付が変わった段階から使用できますので、夜中のうちに東京から移動し、早朝に名古屋、大垣に到着、さらに西へ移動することが可能です。その逆のパターンもあるでしょう。


なぜその先がない?

「ムーンライトながら」はかつては大垣夜行と呼ばれる夜間の快速列車でした。そこでひとつの疑問が浮かびます。なぜ列車は大垣止まりなのでしょうか。ほとんどの人はその先の京都や大阪方面を目指すので、そのまま走らせればいいのではないかと思うかもしれません。

かつては走っていた?

大垣夜行は1968年のダイヤ改正で誕生します。それ以前は、東京から大阪へ向かう夜間の普通列車が走っていましたが、大垣で打ち切られることになったのです。ひとつはこの場所に車両基地があるので運用がしやすかったという点があげられます。さらに、大垣夜行が京都や大阪方面へ走る場合、ちょうど朝の通勤ラッシュの時間帯と重なります。通勤客を乗せるわけでもない列車は、過密ダイヤの中では不要のものとして浮いてしまうというのが理由かもしれません。

    
コメント