青春18きっぷなぜできた?

青春18きっぷは、夏休み、冬休み、春休みなどの長期期間に発売されるきっぷです。JRの路線内の普通列車、快速列車が乗り放題とあって、長距離移動に向いたお得なきっぷといわれています。青春18きっぷはなぜできたのでしょうか。


運賃増収策だった

青春18きっぷができたのは、JRの前身組織である日本国有鉄道(国鉄)時代からです。1982年、昭和57年の3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として発売されたのが最初になります。翌年の1983年、昭和58年の春の発売分から現在の名前に変更となりました。このきっぷができた理由は、運賃増収策の一環として発売されました。

赤字だった国鉄

この時代の、国鉄は巨額の負債をかかえ、赤字路線を多く抱えていました。そのため国鉄再建は大きな課題だったのです、時代状況として高速道路網などが整備されたことによって、観光地への移動はかつては鉄道がになっていたものがバスや自家用車にとって代わられて、人々が鉄道に乗らなくなっていた時代だったのです。そのため、少しでも鉄道移動に興味を持ってもらうと青春18きっぷが発売されたのです。

青少年向け

やはり、青春18きっぷという名称は、青少年の利用者を想定していたといわれています。さらには、8には「末広がりの8」という意味がありあますので、縁起をかついだ名称でもありました。青春18きっぷが登場する以前にも、都市部から地方へと向かう長距離の鈍行列車が運行されていました。それでありますのでお金を節約したい人は、一番安いきっぷを買って長距離移動を行っていたので、青春18きっぷの使い方についてはまったく新しいこれまでにないものではなく、従来から存在した移動法をお得に行えるきっぷとして認知されたといえるでしょう。それでも会社員などは出張などで長距離移動はするものの、青少年は短距離の移動がメインであったために、青少年の長距離移動をうながす一環として青春18きっぷができました。

    
コメント